MENU

ベルタこうじ生酵素と成分

まずは酵素活性化分子エンザミンを高配合。

 

ベルタこうじ生酵素は酵素活性化分子エンザミンを高配合しています。

 

これはすごい特徴ですよね。

 

そもそも酵素は酸に弱くて45度から7O度以上の温度で
酵素としての機能を失うと言われているんです。

 

ですが、エンザミンは121度の耐熱試験にもクリアしています。

 

すごすぎですね。

 

あと、酵素は酸にも弱いです。

 

そのため胃酸によってまた酵素としての機能を失ってしまいます。

 

ただ、こちらのものは胃酸にも強くて、日本食品分析センターの耐酸性試験をもクリアしてます。

 

 

そして最後の難関、酵素は吸収されにくいんです。

 

酵素は分子量が大きいため、酵素のままでは体に吸収されにくいんです。

 

 

しかしながら、エンザミンはそういった問題をクリアしているため
吸収力も高いです。

 

まとめると、熱や酸に強く、そして吸収されやすいのがこのベルタ酵素ドリンクという訳なんです。

 

 

最高峰の馬プラセンタ

 

そしてさらに、最高峰の馬プラセンタを配合してます。

 

なんと医薬品メーカーが製造する国内最高峰の高品質かつ安全なスノーデン社製の馬プラセンタを配合してるんですよ。

 

ニュージーランド産の管理されたサラブレッドから抽出されたものだけを使っているため、今までのプラセンタよりも濃厚で上質なプラセンタという訳なんです。

 

 

ベルタこうじ生酵素